あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

お役立ち情報

台風22号2017!東京への影響は?

更新日:

2017年の10月24日午後3時にマリアナ諸島で台風22号「サオラー」が発生しました。

進路予想図はすでに発表されていますが、日本列島への接近が予想されています。

今週に台風21号が日本に上陸したばかりですが、「また台風…」とゲンナリしてしまいそうですね。

東京は雨ばかりの空模様で、10月としてはなんと127年ぶりの長雨だったそうです!

そんなに古い記録まで残っているんですね!

それはさておき台風22号が東京にいつ頃影響を及ぼすのか調べてみました!

スポンサーリンク

台風22号の名前は「サオラー」

台風22号には「サオラー」という名称が付いています。「サオラー」はベトナムが用意した名前で、「ベトナムレイヨウ(ウシ科の動物)」の意味です。

台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

2017年台風22号の現在の状況

台風22号は10月26日現在、フィリピンの東海上にあって、中心の気圧は992hPa、中心付近の最大風速は23m/sです。

北西に時速20kmで進んでいます。今後台風22号は発達させて、27日には暴風域を伴う予報となっています。

今後は北よりに進路を変えて28日には沖縄諸島に接近するでしょう。

台風22号2017!東京に影響が出るのはいつ頃?


2017年の台風22号の予報円を見てみると最も北よりの進路を通った場合東京にも上陸する可能性があります。

しかし、現在の状況では日本列島に上陸する可能性は高いとは言えません。

東京への影響は未だ正確な時刻などの予想はされていません。

予報円を見ると、どうやら10月30日の夕方から31日にかけて東京に最接近するようですね。

台風21号よりは南側を通過する予報ですが、まだ予報円の範囲は大きく、予断を許しません。

予報円の中心を通ると考えても、大雨や強風への警戒が必要となります。

大雨や強風のため、電車などの遅延が予測されます。特に通勤ラッシュと重なった場合は駅などで大変な混雑になるでしょう。

30日と31日は通勤時間帯より早め早めの行動をこころがけましょう。

じつは私も数年前に台風の影響で電車が止まってしまい、営業先から帰れなくなってしまったことがあります。

みなさんも気をつけてくださいね!

-お役立ち情報

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.