あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

お役立ち情報

台風22号進路2017!九州への影響は?

更新日:

2017年の10月24日午後3時にマリアナ諸島で台風22号「サオラー」が発生しました。

進路予想図はすでに発表されていますが、日本列島への接近が予想されています。

今週に台風21号が日本に上陸したばかりですが、「また台風…」とゲンナリしてしまいそうですね。

先日本州に上陸した台風21号で大きな被害が出てしましましたが、進路予想も台風21号と似た進路をたどることが懸念されます。

台風22号の進路予想やいつ来るのか?または被害予想なども考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

台風22号の名前は「サオラー」

台風22号には「サオラー」という名称が付いています。「サオラー」はベトナムが用意した名前で、「ベトナムレイヨウ(ウシ科の動物)」の意味です。

台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風の予想進路九州への影響は?

台風22号は2017年10月25日9時にはフィリピンの東にあって、西へ毎時35kmで進んでいます。中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。

この台風は、発達しながら北上し、27日には沖縄の南に達する見込みです。

台風の進路予想ですが、29日の午前9時には東海地方の南海上に達すると予想されています。

しかし、これはあくまでも予想のためまだ台風の進路には警戒する必要がありますね。

現段階では九州地方に上陸することは無いと思いますが、雨や強風の影響は考えられます。

九州に最接近するのは28日の深夜から29日の早朝にかけて。

せっかくの日曜日ですが、台風に対する対策をおすすめします。

先日の台風21号から、雨は多い日が続いているため、今後も土砂災害への警戒が必要です。

-お役立ち情報

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.