あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

時事ニュース

鈴木康大(カヌー)が小松正治選手の飲み物に禁止薬物を混入!ライバルの二人の関係性とは?

投稿日:

カヌー日本代表候補選手のショッキングなニュースが話題となっています。

なんとカヌー日本代表候補の鈴木康大(すずき やすひろ)がライバルである小松正治(こまつ せいじ)選手の飲み物に禁止成分であるステロイドを混入したそうです。

アスリートとして、いや人として許しがたい行為ですね。鈴木康大とはいったいどういった人物なのか迫ってみましょう。

 

スポンサーリンク

鈴木康大と小松正治選手の事件のいきさつとは?

事件は今からさかのぼること4か月前の2017年9月に起こりました。

カヌースプリント選手権カヤックシングル200mで優勝した小松正治選手がドーピング検査で陰性となり失格となってしまいました。

ところが、事件の真相は小松選手のライバルである鈴木康大さんが小松選手の飲みものに禁止薬物を混入していたのです。

発覚したのは鈴木康大さん自身が自責の念に駆られて告白したことがきっかけのようですが、許されるはずはありませんね。

鈴木康大さんには今回の薬物混入事件によって、8年間の資格停止処分と日本カヌー連盟からの除名が決まっています。

同じ競技の後輩にもあたる小松正治選手にこのような行為は言語道断です。

また、鈴木康大は過去にライバル選手の競技道具を盗むなど妨害行為も行っていたようです。

今回薬物被害を受けた小松正治選手のツイッターにはこんな投稿がされていました。

日本代表候補である1流選手がライバルの道具を盗むなんて信じられませんね。

鈴木康大のプロフィール

生年月日:1985年10月6日(32歳)

出身:千葉県香取郡

出身大学:立命館大学

家族:妻、子ども

鈴木康大さんは小学校4年生と6年生の時に全国小学生大会で優勝するなど早くからその才能を開花させていました。

中学時代も2年連続で全国大会優勝。高校時代も国体で優勝するなど活躍が続きます。

大学時代にも数えきれないほどの大会で優秀な成績を収め、日本ランキング1位で文句なしの日本代表選手として活躍していました。

その後、社会人では滋賀レイクスターズに所属していましたが、2012年に退団。

北京オリンピックカヌー日本代表のさんと結婚し、お子さんもいます。

2016年6月から奥さんの実家である福島県二本松市でスポーツジム「SPORTS CLUB DREAM」の代表として活躍していました。

 

鈴木康大さんの妻である久野綾香さんもカヌーの日本代表選手

スポンサーリンク

鈴木康大はなぜこんな事件を起こしたのか?

まさにレジェンド級の活躍をしていた鈴木康大さんですが、どうして今回このような事件を起こしたのでしょうか?

これは推測でしかありませんが、やはり32歳と言う年齢もあってか自分の能力が落ちてしまい焦っていたのでしょう。

男子カヤック選手の中では1番の年長で、体力が必要なカヌー競技ではどうしても若い後輩が脅威となり、今回の事件が起こったのでしょうか。

また、鈴木康大さんは一度第一線から退いており、周囲に押されてカヌー競技に復帰したようです。

これらの周囲の期待が相当のプレッシャーだったのかもしれません。

今回鈴木康大さんが起こした事件は決して許されることではありませんが、良心の呵責に苛まれて自供したそうです。

罪の大きさを理解して、しっかり反省してほしいと思います。

これだけ活躍した選手ですから、本来は後輩や子供たちを育成する立場ですね。

社会的に復帰するのには時間がかかると思いますが、頑張ってほしいところです。

-時事ニュース

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.