あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

お役立ち情報

お腹が鳴るのを止めるには朝ごはんに秘密があった!!

更新日:

しっかりと朝ごはんを食べたハズなのに、お昼を待たずしてお腹がグーグー鳴ってしまうことはありませんか?

学校の授業中や仕事での会議中に「ぐうぅ~」となってしまうととっても恥ずかしいですよね?

しかも困ったことに、お腹が鳴るのは我慢できません。

この忌々しいお腹の音ですが一体どうすればお腹がなるのを止めることが出来るのでしょうか?

実は、お腹が鳴るのを止めるには朝ごはんに秘密があったのです!

スポンサーリンク

 

お腹が鳴る原因とは?

静かな時に限ってお腹が鳴ってしまう事ってありますよね。お腹が鳴る原因は一体何なのでしょうか?

実はお腹が鳴る原因は身体に取り込まれた空気だったのです。

お腹が鳴るメカニズム

お腹が鳴る原因は身体に入った空気なのですが、これは呼吸での空気ではなく食事によって胃の中に入ってしまった空気のことです。

お腹が鳴ることを医学用語では腹鳴(ふくめい)といいます。

「ぐうぅ~」という音だけではなく、お腹に耳を当てると「ゴロゴロ」「ポコポコ」といった音が聞こえると思います。

この腹鳴は身体に取り込まれた空気と消化液、食べ物が胃腸の運動によって撹拌(かくはん)され、これらが胃腸内を移動するときにお腹がなります。

お腹の動きが活発なほどお腹の音はなりやすいそうです。

お腹が鳴るのを止めるために気を付けたいこと

朝ごはんを急いで食べる

お腹が鳴る原因は身体に入った空気です。つまり、早食いは食べ物と一緒に多くの空気を飲み込んでしまいます。

みなさんも朝は時間がないからと、朝ごはんを急いで食べていませんか?

急いで食べると空気も多く飲み込んでしまい、お腹が鳴る原因となってしまいます。

炭酸飲料を飲む

炭酸飲料は多くの炭酸ガスを含んでいます。炭酸飲料を飲むとげっぷがでますよね。

この炭酸ガスが胃腸内で増えるため、お腹が鳴りやすい原因となります。

刺激物を食べる

刺激物とは熱すぎるものや冷たすぎるもの。辛すぎるものです。

これらの刺激の強いものを食べると胃腸の動きが活発になってしまうため、お腹が鳴る原因となります。

空腹になる

これが一般的にお腹がなる原因と考えられていますね。

お腹が空いて血糖値が下がると脳から身体に指令が出て胃腸内の空気や食べかすを空っぽにするために胃腸の動きが活発になります。

そのため、空気が胃腸内を移動してお腹が鳴るのです。

スポンサーリンク

 

お腹が鳴るのを止めるには朝ごはんを工夫しよう!

お腹が鳴る原因については先ほど解説をしましたが、結局お腹が鳴るのを止めるためにはどうすればいいのか解説していきます。

これについてはお腹が鳴る原因を一つ一つ潰していくのがいいでしょう。

朝ごはんをゆっくり食べる

朝は時間がないからと言って急いで食べる方も多いと思います。

でもこの早食いがお腹が鳴る原因となってしまいます。

お腹が鳴るのを止めたいなら朝ごはんはゆっくり食べましょう。

炭酸飲料を飲まない

炭酸飲料に含まれる炭酸ガスは胃腸内に空気を発生させる原因となってしまいます。

そのため、お腹が鳴るのを止めるためには、極力炭酸飲料は飲まない方がいいでしょう。

ダイエットにいいからと言って炭酸水を飲んでいる女性もいると思いますが、ソレお腹が鳴る原因になるかもしれませんよ。

食事で刺激物を取らない

熱すぎるものや冷たすぎるもの。辛すぎるものはお腹の動きを活発にしてしまいます。

程よい、温度や辛さにとどめておきましょう。夏場は暑いですが、冷たい飲み物を一気飲みしないようにしてください。

朝ごはんは腹持ちが良いものを食べる

お腹が空いて血糖値が下がってもお腹が鳴る原因となってしまいます。

お腹が鳴るのを止めるためには朝ごはんに腹持ちが良いものを食べましょう。

腹持ちが良い食べ物の基準はGI値と言われています。

低GI値食品って聞いたことはありませんか?

これは食べてから緩やかに血糖値が上昇する食べ物のことです。

血糖値も長時間安定するため、空腹になるまで時間がかかるのです。

GI値が低い食品の代表としては、玄米、ライ麦、全粒粉パン。野菜や果物など繊維質が多いもの。

チーズやヨーグルトなどの乳製品や卵。豆腐や海藻です。

逆にGI値が高く、腹持ちが良くないものは食パンや白米。ジャガイモなどのイモ類。

砂糖が多く使われている食品です。

朝ごはんがパン派の人は普通の食パンから全粒粉パンに変えるだけでも腹持ちは違います。

さらに、乳製品や卵、野菜に果物を一緒に食べるとさらに腹持ちは良さそうですね。

朝ごはんがお米派の人は白米を玄米や分づき米に変えると腹持ちが良くなります。

さらに、卵や豆腐とわかめの味噌汁。納豆と海苔があれば腹持ちの良い朝ごはんの出来上がりです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?これでお腹が鳴るのを止める方法が分かりましたよね!

特に朝ごはんはとっても大切です。きちんとしたメニューをゆっくり食べましょう。

 

お腹が鳴るのを止めるには

①朝ごはんをゆっくり食べる

②炭酸飲料を飲まない

③食事で刺激物を取らない

④朝ごはんは腹持ちが良いものを食べる

これらを守ってあの恥ずかしいお腹の音を退治しましょう!

 

-お役立ち情報

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.