あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

バラエティ番組

マツコの知らない世界で御三家和菓子を紹介!1/9【TBS】

投稿日:

案内役は美術ライター・エディターとして活躍する「和菓子こそ世界で最も美しい」と信じる女性、橋本麻里さん。

そんな橋本さんが御三家として選んだのが、創業およそ500年を誇る「虎屋」、384年の「両口屋是清」、214年の「鶴屋信」の3店。

今回は番組で紹介された和菓子御三家について調べてみました。
 

スポンサーリンク

虎屋

羊羹と言えばとらや、とらやと言えば羊羹と言うほど有名で知らない方はいないのではないでしょうか?

でも、意外と虎屋の秘密を知らないかたも多いはず。虎屋の創業はなんと室町時代!480年以上前から営業しているんです。

虎屋の歴史

虎屋の創業は正確にはわかっていませんが、室町時代の後期と言われています。

それは1586年後陽成天皇ご即位されたから。

御在位中から御所の御用を受けていた虎屋は、1701年(元禄14年)当時、京都御所出入りの御用商人の御用開始時期を記した文書にも虎屋の名が記されていました。

1600年には関ケ原の戦の折、西軍の犬山城主・石河備前守をかくまったとされる資料が実在するのです。

天下分け目の関ヶ原の戦いの時代から虎屋は営業していたんですね。

なんだか戦国ロマンを感じる話です。

その後も江戸時代ずっと京都で営業を続けていた虎屋ですが、明治時代になり東京遷都となりました。

御所御用の菓子屋ですから、もちろん当時の店主は東京に進出し、神田、丸の内、八重洲へと店を構えたそうです。

現在では海外にまで直営店を構える虎屋ですから、その人気は計り知れませんよね。

鶴屋吉信

鶴屋吉信(つるや よしのぶ)は京都にある1803年創業の老舗和菓子屋です。

京菓子の代表的な和菓子屋さんですね。

鶴屋吉信では「良きものを作る為に材料、手間暇を惜しまぬ事」と家訓があるそうです。

どのお菓子にも匠の息吹が伝わってきます。

鶴屋吉信の主な商品

京観世 – 村雨と丹波大納言のつぶ餡で作られたロールケーキ状の小倉羹。1920年発売開始。本店近くの観世稲荷の井戸の伝説からこの名がつけられた。

柚餅 – 求肥に青柚子の香りをつけ、和三盆糖をまぶした餅菓子。明治元年発売開始。2003年に創業200周年を記念して発売された、柚子の果実をかたどったパッケージは日本包装技術協会による日本パッケージコンテストで贈答品包装部門賞を受賞した[3]。

福ハ内 – 桃山生地で白餡を包んだ菓子。明治末には昭憲皇太后が購入している。

 

スポンサーリンク

 

両口屋是清

両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)は名古屋の老舗和菓子屋として有名です。

両口屋是清は1634年に名古屋で饅頭屋として開業しました。

大正末期までは従業員が10名程度でしたが昭和の初めに考案した和菓子「二人静(ににんしずか)」

これが人気となり、次々と人気商品が発売されます。

その後も地元の方に支えられて現在でも人気の和菓子屋さんです。

両口屋是清の人気商品

千なり
千なりは小豆粒あんを使ったどら焼きのようなお菓子です。

をちこち
小豆を使った棹菓子です。

二人静
清楚な茶花「二人静」を模した紅白一対の御干菓子です。

-バラエティ番組

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.