あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

バラエティ番組

人生の楽園で三重県いなべ市の蕎麦屋が舞台に!10/7【テレビ朝日】

更新日:

2017年10月7日に放送される「人生の楽園」に三重県いなべ市でお蕎麦屋さんを営むご夫婦が紹介されます。

蕎麦の生産量県内一を誇る三重県いなべ市が舞台。この町で蕎麦店を始めた松下祐康さん(62歳)と清子さん(60歳)が主人公です。

元々三重県はお蕎麦の産地ではなかったそうなのですが、どんな取り組みがあったのでしょうね。

今回はそんな三重県いなべ市でそば屋さんを営む松下さん夫妻に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

人生の楽園三重県いなべ市で蕎麦屋を営む松下さん夫妻

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

元々いなべ市出身の松下祐康さんは、高校を卒業後に藤原町(現:いなべ市藤原町)役場に就職。その後25歳の時に妻の清子さんと結婚しました。

祐康さんが蕎麦打ちを始めたのは52歳の時。いなべ市が休耕田活用のため蕎麦栽培を推奨し、市役所に蕎麦打ち同好会を創設。そこで祐康さんも蕎麦打ちを始めました。

祐康さんの実家は兼業農家で、父・幸一さんが土建業をしながら畑を守ってきましたが、81歳で他界し、祐康さんが本格的に農業をすることになりました。

役場勤めをしながら農業もこなしていた祐康さんは、いつしか育てた野菜と長年の趣味で打ってきた蕎麦を提供する農家レストランを始めようと考えました。

そこで59歳の時に役場を早期退職。自宅を改装し、2015年に「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)」をオープンしました。店名は自宅裏にそびえる「拘留孫岳」に因んでつけたそうです。

営業は土曜から火曜の週4日。蕎麦は営業日の朝に祐康さんが打ち、蕎麦と一緒に出す天ぷらや惣菜は清子さんが作ります。土日は順番待ちが出来るほどの盛況ぶりです。

もともといなべ市の農業は稲作が主でしたが、いなべ市が休耕田活用のため蕎麦栽培を推奨したんです。

昼夜の気温差が大きいいなべ市はソバの栽培に向いていたために2002年から〈常陸秋蕎麦〉とい品種の栽培・生産を開始して、今では三重県で最も多い作付面積と生産量を誇っています。

山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)のメニューとは?

引用:https://tabelog.com/

メニューはお蕎麦が中心で、天ぷらやデザートもあります。

使っている材料・調味料をすべて表記していて全部作った人や場所の名前がメニューに載せてあるそうです。

野菜や山菜は自家栽培が多く、季節の山菜などもメニューに取り入れています。

メニュー

■ざる蕎麦・・・800円(税別)
辛味大根おろしで食べる方はお申し付けください。

■蕎麦ランチ・・・1,000円(税別)
ざる蕎麦、野菜の天ぷら又はかき揚げ、小鉢、デザート ※数量限定です

■蕎麦定食・・・1,300円(税別)
ざる蕎麦、天ぷら(海老・野菜2~3品)、小鉢、ごはん(季節の物を取り入れた五目。栗。むかご・キビご飯など)
漬物、デザート。
ごはん一杯無料
※数量限定

■蕎麦がき・・・500円(税別)
忙しいときは出せないそうです。

■追加ざる・・・500円(税別)
※ざるそばで注文された方のみ。

■天ぷら・・・380円(税別)
海老、野菜2~3品

■ごはん・・・150円(税別)
漬物付き

■手作り蕎麦アイス・・・250円(税別)

蕎麦の割合は二八か十割を選べます。

蕎麦以外のメニューがすべて清子さんが作っているそうです。祐康さんが太鼓判を押す料理上手みたいですね。

お得な蕎麦ランチは売り切れてしまう事があるので、早めの来店がおすすめです。

山里乃蕎麦屋・拘留孫(くるそん)の場所と営業時間

住所:三重県いなべ市藤原町篠立771-2

電話:0594-46-3181

営業時間:11:30~14:30 なくなり次第終了

定休日:水・木・金

-バラエティ番組

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.