あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

フリマアプリ

フリマアプリでの稼ぐと税金を支払わなければいけないの?

投稿日:

メルカリ、ラクマなどのフリマアプリやヤフオクなどで、いらなくなった服やアクセサリーを売っている方も多いのではないでしょうか。

スマホで写真を撮り、フリマアプリでいつでも気軽に取引ができるので、とっても便利ですよね。

でも気になるのが、1年間のフリマアプリやオークションでの売上が意外と多かったとき。

その売上に税金はかかるのか?確定申告をしなければいけないのか?について皆さんは知っていますか?

同じ金額を稼いだとしても、税金を払う必要がある場合とそうでない場合もあるのです。

今日はフリマアプリで稼いだ時の税金についてお答えしていこうと思います!

 

フリマアプリで稼いでも実は税金がかからない?

基本的にはフリマアプリで稼いだお金には税金がかからないと言われています。

「稼いだら税金がかかるのは当たり前では?」と皆さん思うと思います。

しかし、条件にもよりますがフリマアプリでの売上金は譲渡所得になるので税金がかからないんですね。
 

スポンサーリンク


 

具体的に言いますと、所得税法では「自己又はその配偶者その他の親族が生活の用に供する家具、じゆう器、衣服その他の資産で政令で定めるものの譲渡による所得」は課税されないとされています。

つまり、自分のために買った服や雑貨類などの不用品をフリマアプリやオークションで売った場合の売上には、基本的に税金はかからないんです。

注意しなければいけないことは、貴金属や宝石、骨董品など、1個又は1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得」は課税されます。

 

フリマアプリの売り上げに税金がかかってしまう場合もある

基本的にフリマアプリの売り上げには税金がかかりませんが、場合によっては税金がかかる場合があります。

次に挙げるような方は確定申告を行い、税金を払う必要があります。

フリマアプリでの収益のある方のうち、

1・給与所得がある場合(会社勤務+フリマアプリで収入を得ている場合など)
⇒給与以外の所得が年間20万円超の方

2・給与所得がない場合(専業主婦や家事手伝いなど他に収入がない場合など)
⇒フリマアプリなどによる所得が年間38万円超の方

3・1、2以外で確定申告を行っている場合
(住宅ローン控除や医療控除などの還付申告を含む確定申告を行っている場合など)
⇒フリマアプリなどによる所得が1円でもあれば、その所得を申告する必要があります。

そもそもですが、転売目的で仕入れを行いフリマアプリで売った場合や、ハンドメイド製品を売った場合などは税金がかかります。

当たり前ですね。仕入れ販売などはもう立派な事業ですから税金がかかるのは当然と言えます。

つまりは、サラリーマンの方は年間20万円以上、学生や専業主婦など所得がない方は年間38万円以上稼ぐと税金がかかります。

学生や主婦でもアルバイトやパートを行っている場合はサラリーマンと同じ扱いなのでご注意を。

 

確定申告を行って税金を払うにはどうすればいいか

フリマアプリなどでの稼ぎが20万円以上、もしくは38万円以上になった場合はどうすればいいのでしょうか?

そもそも、税金はその年の1月1日から12月31日までに稼いだ利益にかけられます。

そして確定申告を行う期間は2月中旬から3月中旬の約1ヶ月間。この間に税務署に行って手続きをする必要があります。

詳しくは最寄りの税務署に問い合わせてみるとよいですね。
 

スポンサーリンク


-フリマアプリ

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.