あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

芸能ニュース

花田優一は靴職人の実力無いなんてウソ!その作品の出来栄えとは?

投稿日:

第65代横綱として大相撲で活躍した貴乃花親方を父親に持つ花田優一さん。

花田優一さんは現在靴職人として働いています。両親ともに有名な花田優一さんは度々メディアにも取り上げられています。

まだ22歳と若い花田優一さんの靴職人としての実力はどのようなものなのでしょうか?

ネットでは靴職人としての実力がまだないと言われていましたが、実際に彼の作品を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

花田優一プロフィール

花田優一さんは1995年9月27日生まれの22歳。父親は第65代横綱の貴乃花光司。母親はフリーアナウンサーの河野恵子さんです。

中学卒業後に15歳で単身アメリカへ留学し、高校卒業後は革靴の本場であるイタリアのフィレンツェにわたり3年間靴職人としての修行を行いました。

その後帰国し、現在では都内に自身の工房を持ち、完全なオーダーメイドで革靴を制作しています。

花田優一さんが靴職人になったきっかけとは?

花田優一さんは靴職人になったきっかけは父親の貴乃花親方の影響が大きかったそうです。

花田優一さんにとって相撲に進撃に取り組む父親はまさに職人であり、自分の憧れる職人像だったのです。

職人になると決めていた花田優一さんですが、アメリカのボストンに留学した際に靴職人になると決めたそうです。

それは靴は「国を問わず、男女みんなが使うもの」だったからだそうです。世界中の人が使うものの日本人の魂を込めたいと靴職人になることを決心したのです。

花田優一さんが靴職人になるために父から出された条件とは?

花田優一さんがボストンに留学する前に「職人になりたい」と父親に話したそうです。

そうすると「学校の成績、教科書があってそれを覚えて点数とれる世界で一番になれないヤツが、教科書のない職人の世界で一番になれるはずがない」と言われたそうです。

そこで花田優一さんはアメリカに行って、まずは良い成績を取ることが職人になる切符をもらうことだと思い、とにかく勉強したそうです。

その後も花田優一さんは好成績を残し、職人の道へ進むことを両親から許されたそうです。

花田優一は靴職人として実力無い?

花田優一さんは、靴職人を目指しイタリアのフェレンツェで修行をして、現在は日本で靴職人として活躍しているのですが、どうしても親が偉大だと子供はいい噂を流されないようですね。

花田優一さんの靴職人としての実力や経歴は、イタリアで3年間修行した後に2015年に靴職人として独立していますので、靴職人としての経歴はそれほど長いとは言えませんし、実力もつけていっている段階だと思います。

花田優一さんは靴職人として実力無いなどと言われていますが、しかしまだ22歳です。

自分も相手も納得するような靴を作るのには年期も必要でしょう。

テレビ番組で明石家さんまさんや中居正広さんに靴のプレゼントをしていましたが、とてもよく作られていて、喜んでもらえていました。

嵐の大野智さんに靴の作り方を教え一緒に作ったりもしていましたね。靴は、オーダー制ということで一つ一つ心を込めて丁寧に作っているようでした。

 

スポンサーリンク

 

革靴を作るまでの工程

革靴を作るためにはまずは採寸を行い、次に靴のデザインを行います。

それから靴に必要な革の仕入れを行って、縫製を行うそうです。

花田優一さんはこれらの工程を全て1人で行っているようですね。

彼はこれらの技術をイタリアのフィレンツェで3年間学んだようです。

3年間という修行期間は靴職人としては普通だそうです。

花田優一に革靴を作ってもらうには?

花田優一さんは完全ハンドオーダーメイドで靴を作成しているため、1足の完成に3週間程度は時間が必要みたいです。

花田優一さんの靴の値段ですが、一足15万円~20万円に設定されているようです。

他の靴職人の方と比べても同じぐらいの設定ですが、既に予約は1年先まで埋まっているそうです。スゴイ人気ぶりですね!

花田優一さんの靴の注文方法ですが、花田優一さんのインスタグラム上にオーダー方法や問い合わせ先が明記されてあります。

興味がある方は確認してみて下さい。

-芸能ニュース

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.