あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

科学ニュース

Google homeとClova WAVEの違いとは?話題のスマートスピーカーを徹底比較!

投稿日:

話しかけると質問に答えてくれたり、聴きたい音楽をかけてくれる対話型AI(人工知能)スピーカーの販売が国内でも本格的に始まりました。

グーグルは10月6日、対話型AIスピーカー「Google Home(グーグルホーム)」日本語版の販売を開始しました。

これらはスマートスピーカーなどとも呼ばれますね。

ほぼ同じタイミングでLINEも同様のAIスピーカー「Clova WAVE(クローバウェーブ)」の正式販売を開始しています。

さらに、年内にはAmazonの「echo(エコー)」も登場するなど、2017年はAIスピーカーが一気に登場します。

私たちの生活にはまだ馴染みのないAIスピーカー。そもそも何ができる物なのでしょうか?

また、同時に登場したGoogle HomeとClova WAVEの違いも検証していきます。

そもそもスマートスピーカーとは何なのか?

スマートスピーカーとはクラウド上のAI(人工知能)につながり、音声で操作でき、結果も音声で返されるデバイスのことです。

アメリカではAmazonがすでにechoを発売しており、大ヒットとなっています。

そのため、スマートフォンの次に来るスマートデバイスだと言われているのです。

日本ではGoogle homeが一番最初にスマートスピーカーを発売しましたが、この分野で先行しているのはAmazonです。

AmazonはAlexaの機能を開発者に公開しており、Alexa対応のデバイスを他社が製造できる仕組みも整えているます。

Amazon Alexaとは音声を認識する人口知能。またはそのサービスを差します。

ちなみにGoogle homeはGooleアシスタントがベースとなっています。スマートフォンにも入ってますよね?

「OKグーグル」のフレーズをCMなどで見かけるのではないでしょうか?

Google homeやClova WAVEで出来ることとは?

スマートスピーカーとも呼ばれるGoogle homeやClova WAVE。

一体これらで何ができるのでしょうか?

スピーカーと呼ばれるだけはあって、様々な音楽機能を持っています。

Google HomeはGoogle Play MusicやSpotifyに、Clova WAVEはLINE MUSICにスマートフォンが不要で音楽を聴くことができます。

音量の調整や、曲送りなどの操作も、全て声で行えるため、スマートフォンよりも手軽に操作ができます。

Google homeとLineのClova WAVEが持つ音声認識機能。

もちろん、音楽以外にも様々な事を「声」を使って操作が行えます。

Google homeには「OKグーグル」と呼びかけた後に「今日の天気は?」と聞けば「千代田区の天気は晴れ、気温は25度」といった形で欲しい情報を教えてくれます。

あまり、複雑な質問には応答ができませんが、単純な質問であれば回答ができるようです。

また、Google HomeはGoogleの、Clova WAVEはLINEのアカウントにひも付くため、タスクの管理やスケジュールを音声で読み上げてくれます。

Google homeとClova WAVEの違い

同じようなGoogle homeとCloavaですが、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

Google homeは、高さが約14cm、直径が約10cmの丸みを帯びた円筒形に近い形で、基本的なカラーは白です。

Google home miniという製品もありますが、コンパクトになっただけで主な機能は変わりません。ただし、スピーカーが小さいため音質の点で劣る可能性があります。

これは私もまだ使っていないので比較はできませんが。

一方、クローバウェーブは、高さ約20cmの円錐台形(円錐の上部をカットした形状)で底部の直径は約14センチ、色も黒となっています。

 

機能面ではタスク、スケジュール管理の面でGoogle homeに軍配が上がります。

Google Homeは、音声によって最大6人のユーザーを識別することが可能です。家庭内でお父さんが聞けばお父さんの、お母さんが聞けばお母さんのスケジュールが読み上げられるといった具合で、1台のデバイスを家族で共有することが可能です。

現状ではClova WAVEに同様の機能はないが、今後の追加機能として、話者を特定する機能も搭載する予定です。

また、使用した方の印象では単純に質問したことに関する回答はGoogle homeの方が優れているようです。

しかしながら、Google homeは基本的に質問と回答の1往復です。

一方、LineのClova WAVEは他愛もない会話であれば、少しだけ会話もできるようですね。

 

まとめ

AIスピーカーが本格的に普及するのはまだ先と思いますが、最新のデバイスを使ってみたい方は購入を検討してはいかがでしょうか?

年内にAmzonのechoも登場するので、それまで様子をみるというのもありだと思います。

-科学ニュース

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.