あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

笑ってコラえて

笑ってコラえてダーツの旅!石川県能登町内浦 12/13 日テレ

更新日:

内浦町の自慢は、日本百景の1つにも数えられる、九十九湾のリアス式海岸。

また、スルメイカは全国三位の水揚げを誇っている。

内浦町では相撲が盛んで子供たちは明日の横綱を夢見て稽古に励んでいる。

そんな内浦で出会ったのは…

庭の木になる柿を快く食べさせてくれたおばあちゃん!しかしその柿は…

中学3年生の女の子!ダーツの旅が嬉しくて、泣いて喜んでくれた!

釣り準備中のお父さん!怒ったり、驚いたり、リアクションが素晴らしいです!

日向ぼっこ中のおばあちゃん2人!伸びきった爪を切れない理由とは!

町の老舗飴屋さん!見てるだけでヨダレが出てしまう「じろ飴」とは!?

タコ獲り名人!タコをダマして獲る「タコすかし漁」という珍しい漁をする人が!

スポンサーリンク

 

日本列島ダーツの旅で紹介された石川県能登町内浦とは

今回ダーツの旅で特集された石川県内浦町は2005年に能都町と柳田村と合併して能登町となりました。

旧内浦町では人口7000人強と小さい町ですが、古くからの能登の文化と自然が息づく素晴らしい町です。

内浦町ではスルメイカが有名で全国3位の水揚げ量を誇っています。

石川県能登町内浦の観光とグルメ情報

九十九湾

九十九湾は、大小の入り江からなるリアス式海岸で日本百景の一つに数えられています。

東西1km、南北1.5kmの小さな湾ですが、海岸線は13kmに及び、屈折が多く、入り江が九十九を数えるとして九十九湾の名があります。

湾の中央には、蓬莱島があり、鬱蒼としたスダジイに覆われ、松や桂樹が繁茂し、あたかも蓬莱の画図を見るようであると、この名が付いています。

また湾内には、箱庭のような海岸線美を楽しむ遊覧船が通っています。

九十九湾遊覧船
http://www.notostyle.jp/index.php?id=1134

九十九湾遊覧船は2か所で観光船に乗ることが出来ます。

海中公園九十九湾観光船上野
http://www.notostyle.jp/index.php?id=1122&listid=15

五色ヶ浜海水浴場

五色に色が変わると言われているとっても美しい砂浜。

美しい砂浜は地元でも大人気で、地元の方から観光客の方も楽しめるスポットです。

透明度抜群の砂浜は遠浅で子どもたちも安心して水遊びが楽しめます。

7月中旬から8月中旬まで開設され、毎年多くの人がのんびり海水浴を楽しんでいます。

海水浴シーズンは小さな売店もオープンしているのでちょっとした買い物やグルメも楽しめます。

真夏の太陽の下で思いっきり遊びましょう。

ダーツの旅で紹介されたたこすかし漁とは

秋に楽しめる「たこすかし」は岩場にいるたこをつかまえることができる漁法のことです。

産卵ほ控えたタコがエサを求めて浅瀬の岩場に集まって来ます。

隠れているたこを疑似餌を使って騙しておびき寄せます。岩場なので子どもたちも安心して体験で、捕れたたこはもちろんお料理できます。能登地区ではたこの料理も豊富です。

宿泊体験交流施設「ラブロ恋路」ではたこすかし漁体験ができます。

宿泊体験交流施設「ラブロ恋路」
〒927-0601 石川県鳳珠郡能登町恋路3-18
電話番号 0768-72-1234

料金:1500円
期間:9月中旬~10月末まで

ダーツの旅で紹介されたじろ飴とは?

じろ飴とは石川県に古くから伝わる水あめ状のやわらかい飴です。昔から赤ちゃんの哺育用や妊産婦・病人の体力回復に食べられていたそうです。

飴の原料は米と大麦。砂糖・添加物は一切使われておらず、穀物本来の甘味を楽しむことができます。

最近では無添加の自然食品として愛用される方も多いんだとか。

-笑ってコラえて

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.