あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

お役立ち情報

ボーナスの手取りを100万円もらう人達の実態とは?

投稿日:

働いていて最も楽しみなものと言えば、なんといってもボーナスですよね?

「ボーナスがでる!」と喜んでいる方も多いですが、給料○カ月分と聞いていたのに手取りは想像していたよりも少なかった。

という事がありませんか?それは、ボーナスにも健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税の税金がかかり、ボーナスから引かれてしまうためです。

では、例えばボーナスを額面で100万円だったら、手取りはいったいいくらになってしまうのでしょうか。また、ボーナスを手取りでもらうためには額面でいくら必要か?

そして、ボーナスを100万円もらう人たちってどんな人なんでしょうか?調べてみました。

 

額面100万円のボーナスの手取り計算方法とは?

ボーナスの手取りを調べるためには、控除額を調べなければいけません。

ボーナスから控除されているのは、いったい何か? それは毎月の給与から控除されてるものと同じなんです。

ただし、毎月の給与から引かれる住民税はボーナスからは引かれていません。

具体的には健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税の税金の4つになります。

これらの計算方法はちょっと複雑ですし、所得金額によっても税率が変わってきます。

控除されるそれぞれの計算方法や税率についてはこの記事に記載されているので見て下さい。

スポンサーリンク


 

ボーナスの手取りが100万円とき額面はいくらになるか?

ボーナスの手取りが100万円と聞くと夢のようですが、ボーナス手取り100万円の場合の額面と控除額はいくらになるのでしょうか。

家族構成や年齢によって多少変わりますが、まず健康保険料が約6.3万円、厚生年金保険料がなんと約11万円にもなります。

そして雇用保険料が約5.000円に源泉徴収税が約4.4万円になります。控除額が約22万円、でボーナスの手取り額が約100万円になります。

控除額だけで約22万円にもなってしまうなんて驚きですよね。初任給の平均金額と同じような額を税金で支払うと考えるとすごい金額です。

ボーナスの手取りを100万円もらうためには総支給額で約122万円が必要なようです。

ボーナスの額面が100万円の場合手取りはいくらになる?

逆に額面でボーナス100万円だと手取りはいくら残るのでしょうか?

ボーナスも100万円の大台に乗ってくると嬉しいですが、手取り額はいくらになるでしょうか。

前年の給与が25万円として計算してみると、健康保険料が約5万円、厚生年金保険料が約9万円、雇用保険料が約4.000円。

そして源泉徴収税が約3.5万円となりますので控除が約17.7万円となり、額面で100万円のボーナスがあったとしても手取り額は約82万円となります。

ボーナスが100万円の大台に乗ったと言ってもやっぱり、控除でかなり引かれてしまいます。

しかし控除で18万円近くひかれてしまうとはいっても、ボーナス額面が100万円。

ボーナス手取りが82万円あるのはかなり大きい金額ですので、とても羨ましいですね。

 

ボーナスが100万円を超えているのはどんな人たちなの?

 

夢のボーナス100万円。いったいボーナスを100万円以上もらう人はどのような仕事をしているのでしょうか?

昨今の長引く不況の影響もあり、「ボーナスが支給されること自体が恵まれている」という社会人の方も多いかと思います。

ここ数年、夏のボーナスの全体平均額は約50万円ほどであり、ボーナスが100万円を超えているという人の割合は全体の7%~8%といったところです。

全社会人の15人に1人は100万円以上もらっていると聞くと希望がわきますが、現実はそう簡単なものではありません。

スポンサーリンク


ボーナス100万円越えはやはり大手企業でなければ厳しい

 

昨今の景気が回復の影響で夏冬のボーナスの額も大企業では上がり続けているようですね。100万円以上をもらっているという方も増えてきているでしょう。

その一方で、中小企業の中にはボーナスを出さない企業が4割以上というデータもあります。ボーナスを出してもいわゆる「寸志」という形で数万円包まれる程度の場合もあるそうです。

中小企業に勤めていてボーナスが100万円を超えるというのは稀と言えるでしょうね。

ボーナスの手取りが100万円を超えてくるのは大企業に勤めていて、役職は重役や役員クラスの人たちです。しかし大企業であれば年功序列もありますので、入社してすぐになれるわけではありません。

しっかり勤めて順調に出世していってもらえるのがボーナス手取り100万円でしょう。

また、大手企業でもマスコミ系、金融系、外資系の企業は賞与が多い傾向にあるようです。そして役職についていない一般職員でも海外駐在の人はボーナス手取り100万円を超える可能性もあります。

他には営業職など業績で評価される会社であれば、自分の頑張り次第でボーナスが手取り100万円をこえる、という人もいるでしょう。

 

ボーナスが手取りで100万円を超えるのは何歳からなのか?

 

ひとつの会社で働き続けて、ボーナスの額面が100万円を超えるのは、一体何歳になってからのことなのでしょうか。

大手企業で業績を上げ、それなりに出世をすることが出来れば、40代後半になればボーナスの手取りが100万円を超えることも夢ではないです。

ボーナスの額面が100万円を超える平均は40歳前後のようです。意外と早いですね。

ボーナスが100万円を超えてくると、年収が1,000万円に乗るのも夢ではありません。

スポンサーリンク


-お役立ち情報

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.