あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

牛肉

牛肉の部位「ザブトン」とはいったいどんな肉?

投稿日:

高級な焼肉屋さんなどで見かける「ザブトン」とは言ったいどの部位かご存知でしょうか?実は肩ロースの一部なんですね。

肩ロースと言えば割と安価なイメージですが、「ザブトン」は高価な希少部位として有名です。

いったい「ザブトン」とはどうして高価なのか?どんな特徴があるのか。解説していきたいと思います。

肩ロースの特徴

首の肉から続くロース全体の先端の部位が「肩ロース」と呼ばれています。

肉厚で柔らかく、きめが細かいのが特徴です。

脂肪分が適度にあり、筋肉中で霜降り状に分布しているため、コクや風味が良い肉です。

牛1頭から7~8キロほどあり、牛肉の部位としては大きい方になります。

ランクによってサシの入り方がかなり変わっていきます。ランクが上の方がサシがきめ細かいです。

脂肪の色は白か乳白色で、粘り気のあるものが上質とされています。

肩ロースの向いている食べ方やポイント

肩ロースはスジがあるので、厚切りで食べるよりも薄切りで食べるのが向いています。

そのため、すき焼きやしゃぶしゃぶ、焼肉などが向いています。

ステーキなど厚切りで食べる場合はしっかりと筋切りをしましょう。

希少部位のザブトンは肩ロースの一部

焼肉屋などで、高級な希少部位として提供されることが多い「ザブトン」

ざぶとんとは肩ロースのアバラの骨側にある肉です。

肩ロースの他の部位に比べて筋が少なく、柔らかくキメが細かいのが特徴。

ザブトンは一頭から3~4kgしか取れない希少部位です。

ザブトンの由来

ザブトンの名前の由来は部位の形が座布団に似ている事から名づけられました。

肩ロースの中でもしっかりとサシが入る部位で、お店によっては「特上カルビ」として出される場合もあります。

ザブトンは肩ロースの中でも最もサシ(霜降り)が入っている部位で店によって、上ロース、特上カルビという名称で出される場合がある。

肩ロースの一部で少し筋っぽさを感じますが、柔らかく霜降りなのに食感もよく感じられます。

とろけるだけではなく、食べる満足感も得られる部位です。

ザブトンの食べ方

ザブトンはやはり焼肉で頂くのがいいでしょう。

脂が多めなので、あっさりめの甘口ダレ、わさび醤油、さっぱりとした塩だれなどと相性が良いと思います。

ザブトンは焼きすぎると味が落ちるので、両面に焼き目を付けた程度の「レア」で食べるのがおすすめです。

-牛肉

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.