あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

牛肉

牛肉の部位「ランプ」とはいったいどんなお肉?

投稿日:

焼肉やすき焼き、ステーキなどに利用されるランプ肉。ランプは最近よく耳にする部位ですが、どこの部位かご存知でしょうか?

今日はランプ肉についての解説や、おすすめの食べ方を紹介していきたいと思います。

牛肉のランプとはいったいどこの部位なのか?

よく知れているランプ肉ですが、牛肉のどこの部位なのか知らない方も多いと思います。

ランプ肉とはサーロインに続く腰からももにかけての部位です。

「ランプ」と「イチボ」を合わせて「ランイチ」などと呼ばれますね。

正式にはこの「ランイチ」が正式な名称です。このランイチが「ランプ」と「イチボ」に小割できるのです。

大きなもも肉を構成するいくつかの部位の中では「ランプ」が最も味が良いと言われています。

なぜランイチと言う部位を「ランプ」と「イチボ」に分けているのでしょうか?

それは食べ方が「ランプ」と「イチボ」で異なっているからですね。

ランプの特徴

ランプという部位はきめ細かく、柔らかさが魅力です。赤身肉ではヒレに次いで柔らかいとされています。

肉質はキメが細かく柔らかい。うっすらとサシが入りますが、その脂にクセは無くとても上品な味わいです。

赤身は肉本来の濃厚な味を楽しむことができ、脂っこさがありません。

ロースのような細かい脂肪の霜降りは見られませんが、鮮やかな赤身肉には適度な脂肪があり、味にも深みがあります。

さらにうれしいポイントは柔らかい赤身の代表格「ヒレ」に比べて安価なことです。

ランプの向いている食べ方

「ランプ」は焼肉が定番ですが、薄切りにしてすき焼きや厚切りでも柔らかいため、ステーキにもおすすめです。

焼肉の場合は表面をさっと焼いた程度のレアがオススメ。

口の中で肉汁があふれ出し、濃厚な赤身のうま味が味わえます。

厚切りやステーキの場合は焼肉よりも少々長めに火を入れましょう。

また味付けですが、肉汁の甘みを引き立てるのであれば塩ダレかわさび醤油がオススメです。

ただし、「ランプ」は牛の中では水分量が多く、焼き上げるとパサつき感でます。

焼き方に注意が必要ですが、硬めの箇所ではあぶり焼きが丁度良いのではないでしょうか。

栄養価も豊富な部位でもありますし、味わいにおいてあっさりとした部位ではありますので、あまり量が食べれない方には最適です。

サーロインやヒレにつづく準高級部位として是非とも堪能していただきたいところです。

-牛肉

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.