あなたに最新のトレンド情報をお届けします

いまどきトレンド通信

お役立ち情報

ボーナスの手取りは50万円が額面の場合はいくらになる?

投稿日:

待ちに待ったボーナスの支給日!

会社員や公務員の方であれば、年に2回あるボーナスはとっても重要ですよね?

ボーナスの額面はニュースなどでよく話題になっていますが、手取り額にするといくらになるのでしょうか?

支給額である額面と税引き後の手取り額のギャップにがっくりする方も多いと思います。

今回の記事ではボーナスの額面が50万円の場合に手取りはいくらになるのか計算してみたいと思います。

ボーナスの仕組みについて

そもそもボーナスとはいったい何なのでしょうか?

みんな当たり前のようにもらっていますが、意外とその正体について知る方は少ないのではないでしょうか?

ボーナスの正式な呼び名は「賞与」となっています。これは厚生労働省によって決められています。

賞与とは「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるもので、その支給額が予め確定されていないもの」と定められています。

そのため、ボーナスは月々の給料とは違い、事前に支給額は決まっていないのです。

ボーナスは会社の業績や社員の勤務成績等に応じて具体的な支給額が決まるという特徴があります。

ボーナスの額面と手取りの差額は何が引かれているの?

ボーナスの額面と手取り額の金額はいったい何が引かれているのでしょうか?

みなさんの賞与の明細を見ればわかるのですが、ちょっとおさらいしてみましょう。

ボーナスから引かれるもの

■社会保険料
・健康保険料(40歳以上は介護保険料も含む)
・厚生年金保険料
・雇用保険料

■源泉所得税

上記の税金や保険料が引かれます。意外と多いですね…

ちなみに毎月の給料とは違い、ボーナスから住民税は引かれません。

額面で50万円のボーナスから手取り金額を計算してみよう!

ボーナスの額面が50万円だとしたら手取り金額はいったいいくらになるのでしょうか?

東京都在住の35歳独身男性と仮定して計算してみましょう。

まずは先ほど記載した社会保険料の健康保険料から。

ちなみにこの健康保険料はお住まいの都道府県によって異なります。こちらからご自身の保険料率をご確認ください。→全国健康保険協会 平成29年度保険料額表

ボーナスから引かれる健康保険料は次の2つの手順で計算します。

① ボーナス額面金額の1000円未満を切り捨てる。
(例)500600円→500000円

② ①の金額に保険料率と1/2をかける。

今回は東京と在住と言う事で掛け率は9.91%となります。

500,000円×9.91%×1/2=24,775円

と言う事で、まずは健康保険料が24,775円引かれます。

スポンサーリンク


お次は厚生年金保険料です。

厚生年金保険料の保険料率は18.182%です。

500,000円×18.182%×1/2=45,455円

厚生年金保険料は45,455円引かれることになります。高いですね(-_-;)

続いて雇用保険料を計算してみましょう。

雇用保険料は、ボーナス(賞与)の額面金額に0.3%をかけて算出します。
※雇用保険の場合、健康保険料・厚生年金保険料と違い「ボーナス額面金額の1000円未満端数切捨て」はしないのでご注意ください。そのままの額面金額に0.3%をかけます。

500,000円×0.3%=1,500円

雇用保険料は1,500円となります。

最後に源泉所得税の計算をしましょう。

ボーナスから引かれる源泉所得税の税率は、前月の額面給与から社会保険料を引いた金額で決まります。

前月の給与明細を確認してみましょう。

例えば、額面が300,000円で社会保険料が14,865円+27,273円+900円=43,038円だった場合。

256,962円となり、税率は6.126%となります。

源泉所得税は下記の式で計算が出来ます。

(ボーナスの額面金額-天引きされる社会保険料)×源泉所得税の税率

これを計算してみると。

(500,000円-71,730円)×6.126%=26,235円

天引きされる源泉所得税は26,235円になりますね。

額面で50万円のボーナスの手取りは一体いくら?
これで全ての項目が出そろいました。後はボーナス額面金額から天引きされる社会保険料・源泉所得税を引くだけです!

ボーナス手取り金額

=額面金額-社会保険料-源泉所得税

=500,000円-24,775円-45,455円-1,500円-26,235円

=402,035円

ボーナスが額面で50万円の場合、手取りは402,035円と言う事が分かりました。

ボーナスで50万円もらっても手取りは40万円ほどになってしまいますね。

これはボーナスの約20%が天引きされていることになります。

普段は天引きされているため実感がありませんが、このように計算してみるとスゴイ金額が引かれているのですね。

ちょっ残念な気分になりますが、社会保険料や所得税は社会に必要な大切なお金です。

働いている人の義務でもありますね。

せっかくだから、嫌な気分ではなく働くことを誇りに思って納めていきたいですね。。。

スポンサーリンク


-お役立ち情報

Copyright© いまどきトレンド通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.